2009年01月19日

種キャラによるミニ解説〜囲魏救趙(かんぎきゅうちょう)の計〜

―― 配役 ――

「魏は強国だっ! 我が魏こそ戦国の覇者たるべき!」 =魏の人

「秦も強大だし、魏も調子に乗っているし……前途多難だなぁ」=趙の人(出番なし)

「僕達友達だよねっ♪」=斉の人(趙の同盟国)

 

――――時は戦国。魏の国が隣国趙を攻め、首都邯鄲を包囲する。―――

「先代から培ってきた我が国の国力は、柔弱な斉は言うに及ばず、秦や楚にもひけを取らない。今こそ趙を降伏させ覇者になる!」

「……うううっ。強大な軍隊と優秀な兵学者の将軍に首都が包囲されているなんて……。しかも同盟国の斉は遠い、……でもキラなら! よし斉に援軍要請だっ」

――― 斉 ―――

「報告しますっ。同盟国趙の首都邯鄲が魏によって包囲されました。救援要請がきています!!」

「アスランが……フリーダムの準備をしてください。すぐに軍を準備して邯鄲まで援軍に出発します」

「お待ちください。邯鄲に急行するのはおやめになった方がよろしいですわ」

「ええっ、でもアスランがっ。」

「アスランならば大丈夫ですわ。主人公補正でなんとかしますから……という冗談はさておき、魏の都”大梁”を攻めた方がよろしいですわ。」

「……えっと、なんで直接救いにいかないの? 焦らしプレイ?

…ええそれもありますわ(にっこり)。でも、今魏の都は趙攻めのために戦力が空になっているはずですわ。都を落とされてはかなわない魏は邯鄲攻めを止めて引き返してくるでしょう」

「なるほど……そうとわかれば魏に進軍だね」

――― 趙 ―――

「……なっ、なんだと。我らの都が攻められているだと! 斉め、小癪なマネをっ。邯鄲など、どうでもいい、急ぎ引き返すぞ」

「ただでは返させない」

 ――急使により斉の進軍を知った魏軍は、邯鄲の囲みを解き急ぎ引き返すものの、趙の追撃や急行軍により、疲労が蓄積されていく。そして…… ―――

「柔弱な斉が攻めてきたところでなんだ。奴らは我らを恐れているから留守の間しか攻められないんだ」

「ほんとは戦いたくないんだけど……戦わなきゃいけない時もあるんだ」

「あらあら、みなさん、待ち伏せ攻撃ですわ(にっこり)」

「そんな、この俺がーーーっ」

 ―― 邯鄲から夜を徹し急ぎ引き返してきた魏軍は、待ち構えていた斉軍により撃破される。そしてこれをこの敗戦をきっかけに魏の国力は凋落していくこととなる ―――

「なぁ、ラクス。後学のために聞きたいんだが、もし君が魏の将で、この策を使われていたらどう対処するんだ?」

「私が魏の将だったらですか? そうですわね……まずは急いで引き返さず、邯鄲に対する攻撃を強化して攻め落としますわ」

「えっ、でも都が攻められるかもしれないんだぞ」

「この際一時的な不利はやむを得ませんわね。邯鄲を攻め落として補給を終えた後は疲れを癒しながら斉軍を撃つべく引き返しますの。そう慌てずじっくりと進軍しながらですわ」

「なるほど……邯鄲を落とし士気があがっている状態でなおかつ、闘志をためこんでいる状態で戦場に臨めるようにするんだね」

「そうですわ。勝敗は戦う前から決まっている状態がベストなのですわ」

posted by 瀬無 at 01:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

電池ガンバレ!

「今日も、電池(キュリオス)がんばってたわねぇ」

「ぷぷぷ……電池なんて悪いよう(笑) アレルヤさんだって見えないところできっと頑張ってるんだからっ」

「普段は電池代わり、たまに戦闘に出てきても支援か、やられ役……よっぽどスタッフの中に嫌いな人がいるのかしら?」

「後方支援も立派な仕事よ……それに電池(トランザム)状態のあの戦艦は戦力としては化け物よ。……まあそれはさておき、今日のアロウズの作戦行動には疑問があるわね」

「戦力を集中しすぎて、クーデターを防げなかったということですか?」

「違うわね。どんな優秀な軍人も神ではないわ。クーデターを防げなかったことではなくて、作戦を途中放棄して引き返したことよ」

「でも、CBへの攻撃よりもクーデターの優先順位は上なんじゃないですか?」

「もちろんよ。全てのエネルギーの源という設定なのだから、そこを抑えられるのは死活問題です。でも作戦行動を即時放棄して引き返すのは愚策だわ。シン、アカデミーでの授業の応用よ。」

「……ええっと、孫子?」

「……シン、”囲魏救趙の計”よっ」

「そう、同盟国趙の邯鄲が魏によって攻められたときに、救援に向かう斉の田忌将軍に孫ビンが献じた策ね」

posted by 瀬無 at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

やっぱり種はかっこいいと思います

「マリナ姫……歌で戦いを止めるなんてねー。仕事のないヒロインは辛いところね」

「でもでも、私たちの頃からの伝統といえば伝統だよー。ヒロインの歌は戦いを止めて世界を救っちゃうんだからっ。」

「まーさーかー、ラクス様のことじゃないわよねぇ〜。あの人はそんな生易しいタマじゃないわよ。ピンク戦艦にのって番組を代表するエース2人を従えて喧嘩両成敗……歌はオマケ!」

「……平和を叫びながら、その手に銃を取る。それもまた、悪しき選択なのかも 知れません。でもどうか今、この果てない争いの連鎖を 断ち切る力を!」

「うわっ、あなたはどっから来たんですか……って、何それ? きゃーーっ」

――――

 

 某アニメの神様では、ついにSDガンダムが終わり、いよいよ種が始まりました。

 2話終了しましたが、相変わらずヒキが神がかってます!!

「あんなに一緒だったのに〜♪」とエンディング入るタイミングは本当にドラマチックです。そしてナタルさんが相変わらずカッコイイ!

 ……もしかして種運命までやってくれるんでしょうか?

 もうひとつ気になるのは、そのころドラゴンボールはどこまで進むのか? ということも気になります。……いつから再放送が始まったのか忘れてしまいましたが、やっぱり長い(笑)

posted by 瀬無 at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

更新オヤスミ中

クリスマスも直前ですが、00に凄い勢いで興味を失っています(えー

ソーマ=ピーリスもCB側になってからはすっかり影が薄くなってしまってますし……。

というかアレルヤ(?)の存在があのキスシーンを最期にすっかり薄い状態に戻ってしまったのは苦笑です。

今年もあとわずかですが、皆様良いお年を!

posted by 瀬無 at 00:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

おとめ・さんしょう♪(00感想)

「あまりに乙女! でも…あまりに速すぎる展開だわ……」

「記憶を失い、敵対する陣営に属する二人……まさに乙女のロマンじゃない。どこが不満なの、お姉ちゃん? ……もしかしてニューヒロインに嫉妬?」

「ちっちっちっ、メイリン君。我が妹ながら情けないわ。私が気になっているのはタイミングよっ。タ・イ・ミ・ン・グ。」

「タイミング?」

「この早いタイミングでの寝返り(仲間入り)は、ZやZZガンダムの強化人間を思い出してしまうのよね」

「むーっ、なるほどー」

―――

>アレルヤ

 パイロット4人の中では役立たずのイメージが強い彼ですが、今後は変わるんでしょうか?

>ピーリス

 マリーとなった彼女は、大らかな感じになりましたねー。ソーマ=ピーリスだった彼女の頃のキャラクターがなくなってしまうのは残念です。

 CB入りするにしても、オペレーターポジションは物理的に席がないし、砲手? MSがあればいいんですが。

>セルゲイ

 前作から引き続き、いつ最期を迎えるか危ない綱渡り生活が続きそうです。

 カタロンとの力関係を考えると、CBとの戦いに駆り出されて……という展開になりそうですが……やっぱり一番の無事を願いたいキャラです。

>ミスター

 ……ただのバーサーカーとなりはてた彼には興ざめだな(えー

>ルイス

 味方との会話が少ないのが気になります。ソーマにとってのセルゲイのような存在がいればいいんですが……小セルゲイには期待できなさそうですし。

>スメラギさん

 小さい制服に続いて、入院服ですか……話題にはなりづらいですが、前期の王留美のようにコスチュームチェンジしてきそうです(笑)

 

 

posted by 瀬無 at 22:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

かんなぎみた

 DVDを見ようとしてて、TVをつけたところ……話題の「かんなぎ」を初めて見ました。

 キャラデザインとか、今風です〜。とかのんきに見ていたのですが……冥途喫茶がでてきてびっくり。

 あの階段と看板……それにあの店内の作り(笑) モデルのお店がわかってしまった自分にびっくりでした(苦笑)

posted by 瀬無 at 00:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。