2006年11月09日

0080 ポケットの中の戦争……

 核攻撃によるコロニーの破壊。それを避けるために戦うことを決めたバーニィとアル。

 クリスマスを間近に控え浮き立つ雰囲気の中、2人だけがガンダムを倒すべく着々と準備を進めるのだった。

「バーニィ……死なないよね? 勝てるよね?」

「もちろんさ! 任せとけって」

続きを読む
posted by 瀬無 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

0080ポケットの中の戦争第1話「戦場まで何マイル」

 東京MXの火曜22:00〜は「アニメの神様」という枠があります。

 2200〜は「ドラゴンボールZ」、2230〜は「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」という、びっくりするような編成です。(しかもこの後2330からはウルトラセブンですし……)

 東京MX万歳っ!!(っていうかこの後24を見たら……本当にTV漬けです)

――――

 0083と並んで外伝の中でもインパクトが強かった0080ですが、そのストーリー故にはじめて見たときは……ちょっと苦手でした。

 第08MS小隊とは違った感じで地味というか……あの結末が。

 今見ると、本当に平凡な子供が主人公で、そこから戦争を見る……というストーリーは興味深いです。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:48| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ガンダム(ファースト)43話「脱出」

 空母ドロスを中心に堅守していたジオン軍。ギレンとキシリアの内紛による混乱で、防衛線がついに破られる。

 ア・バオア・クーに次々と取り付く連邦軍。

 キシリアは脱出を決意する。まだジオンには本国の戦力に加えて、グラナダに温存している直属の艦隊があるのだ……

続きを読む
posted by 瀬無 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ガンダム(ファースト)42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」」

 ギレンによるソーラ・レイの光の波は、連邦軍の三分の一とトップ同士による和平交渉を消滅させた。

 連邦軍は、レビルを失い、計画よりも少ない戦力でア・バオア・クーの攻略にとりかかることを余儀なくされる。

 ギレンが自ら陣頭指揮をとるジオン軍、堅い守りの宇宙要塞……連邦軍とジオン軍の決戦が始まる。

続きを読む
posted by 瀬無 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ガンダム(ファースト)41話「光る宇宙」

 ソロモンを攻略した連邦軍。その侵攻を食い止めるラインは、ア・バオア・クーとグラナダを結ぶラインであった。

 そのラインには、本隊と合流を図るホワイトベースや、遊撃隊を率いて自ら督戦に赴いたキシリア・ザビの姿もあった。

 アムロとララァは再び戦場で出会う。ニュータイプとしての感覚が鋭くなってきているアムロにとっては、特別な出会いであった…………

続きを読む
posted by 瀬無 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンダム(ファースト)40話感想

 「シャア、シャア、シャア〜♪ 今はいいのさ、全てを忘れて〜♪」

 ブラウ・ブロとの戦いで、アムロの反応にガンダムの動きが追いつかないことが明らかになる。

 連邦軍はそのデータから、ガンダムでマグネット・コーティングという新技術をテストすることに。

 ララァはエルメスでいよいよ実戦へ。そしてついにアムロと相対することに。

 サイド3、マハルでは、ジオン軍による強制疎開が始まる。本土決戦は目の前であった……。

続きを読む
posted by 瀬無 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ガンダム(ファースト)36話「恐怖! 機動ビグ・ザム」

 ワッケイン率いる先遣艦隊は、アムロたちホワイトベースの活躍もあって、陽動に成功。

 ソーラ・レイにより、防御能力を喪失し、多数の戦力を失ったドズルは、自身もビグ・ザムを駆り全軍で中央突破を図ろうとする。

 ジオンの新兵器「ビグ・ザム」は、勢いにのる連邦軍の前に立ちふさがる。まるでドズルの意志を体現するかのように……

続きを読む
posted by 瀬無 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ガンダム(ファースト)35話「ソロモン攻略戦」

 コンスコンの機動艦隊を撃破し、何とか味方艦隊と合流を果たし、補給を行うホワイトベース。

 合流した第3艦隊の司令は、旧知のワッケインだった。

 彼からブライトは作戦を聞く……「我々と共にソロモン攻略の先鋒となるのだ」

 ホワイトベースが出立した後のサイド6では、シャアのザンジバルが出港する……ララァを連れて……。

続きを読む
posted by 瀬無 at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

ガンダム(ファースト)34話「宿命の出会い」

 コンスコンが率いる機動部隊に、追撃をうけるホワイトベース。

 12機のリックドムとムサイ1隻を撃破するものの、サイド6へ再び退く。

 しかし中立をとっているサイド6にとっては、招かれざる客。

 アムロは父を再度訪ねることにするのだが……

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ガンダム(ファースト)12話「ジオンの脅威」

「時代はコズミック・イラに進み、コーディネーターとナチュラルが争いを続けていてます。しかし、この響きは我々全てにとって、特別な響きをもち続けることでしょう。すなわち『 ジーク・ジオン』」

じーくじおん! じーくじおん! じーくじおんっ!

「赤服という、ザフトのトップガンなのに、あたしの射撃が当たらないのは何故かっ!」

「……手首をひねるクセがあるからさ……」

「クリスマスのFinal Plusこそ、ファン全てへの最大の慰めとなる。国民よ立て! 悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!! ジオンは諸君らの力を欲しているのだ

 ジーーーークっ、ジオンっ!!

じーくじおん! じーくじおん! じーくじおんっ!

「最後はコピペかっ!!」

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

ガンダム(ファースト)11話「イセリナ、恋のあと」

「あ、ドレン。私のモビルスーツは電気系統がめちゃめちゃに焼き切れていて使えなかった事にしておけ」

続きを読む
posted by 瀬無 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンダム(ファースト)10話「ガルマ散る」

「勝利の栄光をあたしに!」

「セリフ間違えてるぞ…ルナマリア」

「前線でラブロマンスか。ガルマらしいよ、お坊ちゃん」

「えっ……(耳が痛い……)」

続きを読む
posted by 瀬無 at 11:43| Comment(4) | TrackBack(1) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

ガンダム(ファースト)9話「翔べ! ガンダム!」

DestinyのDVDも100万枚突破しましたよ」

「シン、売り上げが良いことに越したことはないが……ガンダムはそれだけじゃないはずだ」

「何でそんなこと言うんですか!」

「俺達はやがてまた戦場へ出る日があるのかもしれない……だが監督と脚本家の勝手な理屈と正義感でただ闇雲にストーリーを続けるようなやり方は、間違っていると思う。……シン、君だって気づいているんじゃないか?」

「…………」

「でなけりゃ只の馬鹿だ……」

 


続きを読む
posted by 瀬無 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(1) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ガンダム(ファースト)8話「戦場は荒野」

 ホワイトベースを追撃するガルマ。

 追撃されるホワイトベース内部では、地球への即時上陸を求める避難民の声が無視できないものに……。

 ジオンの待ち伏せ攻撃を予想したブライト達は、避難民の下船を利用して作戦をたてることに……。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

機動戦士ガンダム7話「コアファイター脱出せよ!」

 ガルマ率いる北米ジオン軍に包囲されたホワイトベース。

 弾道ミサイルの要領でコアファイターを射出。包囲網を飛び越えて、連邦軍本部と連絡を取ろうと作戦を練ります。

 しかし、相手はシャア。作戦に気づかれて追撃をかけてきます。

 一方、地球の大地を目の前にしても降りることができずストレスが溜まってきていた避難民達は……。

 「ガンダムも7話まで進んだが、いままで戦闘描写がなかった回はあるか? 報告を」

 「どの回にも、戦闘描写が入ってます!」

 「えええっ!!」


 

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(1) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

機動戦士ガンダム 5話「ガルマ出撃す」

 「悲運の貴公子、ガルマ=ザビの登場ですね♪」

 「彼は性格も悪くなさそうだし、公正で真面目そうな人物だったのにな……」

 「フフフ……君の父上がいけないのだよ……ってやつですね♪」

 「……(耳が痛い)……」

 「そういえば、ドレンさんも一緒に地球に降下してきてますよ。何気に見逃せないポイントだと思います♪」

 


 

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

機動戦士ガンダム 3話「敵の補給艦を叩け!」

 シャアが見せた一瞬の隙。

 ブライト達は逃げるだけから、勝負にでる。

 奇襲をかけるガンダムの前に、再び赤いザクが現われる……。

「フフ…モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを……教えてやる!!」 

「ええい、連邦軍のモビルスーツは化け物か? これだけの攻撃でも!」

続きを読む
posted by 瀬無 at 20:29| Comment(2) | TrackBack(1) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

機動戦士ガンダム 2話「ガンダム破壊命令」

 初めて乗るモビルスーツ  初めて立つ戦場

 勝利した後の高揚感が消えた後、残ったのは人を殺したという恐れ

 自信・興奮で恐れを打ち消そうとするアムロに、赤いMSが牙をむく

 ……赤い彗星……ルウムにて連邦軍を恐怖に陥れたジオンのエースである……

 「なあ、ルナマリア……その…今回も俺たちがセリフを紹介するのか?」

 「ええ、もちろんです☆」

 


 

続きを読む
posted by 瀬無 at 20:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

機動戦士ガンダム 第1話「ガンダム大地に立つ!!」

「人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった。

 宇宙世紀0079、地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた……」

続きを読む
posted by 瀬無 at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダム(ファースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。