2005年07月03日

SEED DESTINY37話「雷鳴の闇」

 「あんたが悪いんだっ! あんたが裏切るからっ!!!」

 アスランの奮闘を期待していたのですが、レイの攻撃や種割れ前のシンの攻撃は『当たらんよ』とばかりにかわしていながらも、シン種割れ後はあっさり 串刺しの刑……。

 相変わらず、シンの種割れは思考することからの逃避にしか見えなくて、相手に責任を押し付ける論法はあまり賢いとは思えません。

 今までさんざんこき下ろしてきたアスランを討つことをためらう描写は正直意外でした。

 このあたりは、今までにもうちょい描写を丁寧にしておけば、わかりやすかったのに…… と文庫版を読んだ後は強く考えます。

 そしてレイ……完全にブラックになってきましたね〜。

 事実と虚構をうまくミックスさせて、アスラン&メイリン達を討つように仕向ける様子が、「ギル」共々黒幕っぽさを感じさせるには十分でした。

 最後にシンに手を下させたり、シン&ルナを見る顔も印象的でした。レイ的にはシン&ルナがくっつくことで、シンが精神的に落ち着けばOK……なんて考えていたら嫌だな〜とか余計なことも考えてしまいます。

続きを読む
posted by 瀬無 at 06:20| Comment(6) | TrackBack(13) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

SEED DESTINY37話「雷鳴の闇」ぷち感想

 「えっと……あたしって、配属されて一年もたっていない新人オペレータじゃなかったっけ?」

 「情報のエキスパートだったのね……。どうりでシンのあの矢継ぎ早な指示もちゃんとこなせるわけだ……」

 

 「MSの戦闘シーンが時間をくっているわりに、密度が薄いじゃないかっ!」

 「回想シーンや、会話のシーンの挟み方がテンポの悪さを引き出してますわ〜」

 

 「私の諜報活動の成果は? ……っていうか、あたしの立場が微妙なことになっているんだけど……」

 「……あんだけ派手に爆発したのに……あれがヤキン=デューエを生き残ったものの力かよ……」

 

 「俺はまた出番なしかっ!!!」

posted by 瀬無 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(4) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説版 seed destiny 第2巻「さまよう眸」

 シンがアニメとは随分と違った印象を受ける、小説版第2巻の感想です。(ちなみにクライストさん たいむさんの方でも感想記事があります。というかそちらの方が詳しいです〜)

 総評としてはクライストさん

シン好きではもちろん、シン嫌いな人に読んでもらいたい1冊です。

 という言葉を引用させていただきます。

 アニメとは違ったものになったハイネの死は、たいむさんのところの記事で、アスランに与える影響から考察されていて、興味深いものでした。

続きを読む
posted by 瀬無 at 14:10| Comment(2) | TrackBack(1) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

メイリン’sですてにぃー

 先週はメイリンの活躍が目立ちましたが、それに対抗するかのようにみずそらさんのブログでは、 アスカガ絵を発表中です。

 そして、みずそらさんのところのリンク先のcoaさんのところのイラスト群も、自分の心が奪われました〜。

 最近のイラストですと、 36話の感想のところにある絵も素敵です。

 水彩で幻想的な感じが、今回の二人の雨中の逃走劇の雰囲気をうまく伝えていて……自分には描けないのもあって凄く良いな〜と思います。

 


 

 メイリンは今回何故、アスランを助けたのでしょうか?

 彼女がアスランのことを気にしていた……ということで『憧れ』『恋愛感情』という線もありえなくは無いと自分も思います。

 ただそれだけならば、正直動機が弱い(というかルナマリアぐらいの描写が欲しい)と思います。

 最大の理由は『興味と勢い』だと思います。

 アカデミー時代から同じ仲間とずーっと一緒だった彼女は、ザフトレッドである姉と違い、基本的にはミネルヴァでの生活もアカデミー時代の延長といった感じだったのだと思います。

 そんな彼女の前に現れたアスランは、良く言えば平穏悪く言えば退屈だった彼女の生活に、刺激的で興味をひかれる存在だったのだと思います。

 軍人として有能でありながら苦悩するアスランの姿は、何らかの心理的な変化をメイリンにもたらしたのでは……というのは考えすぎでしょうか? 

続きを読む
posted by 瀬無 at 05:10| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

SEED DESTINY36話「アスラン脱走」

 「わたしは“ラクス”なのっ」

 前半はアスランの決断とミーアの心情、後半部分は言うまでもないでしょうが、メイリン大活躍!!!

 今までは「どちらかといえば、メイリン」という自分でしたが、今はもう「絶対、 メイリン!! というかメイリンしか見えないよ」状態に陥ってしまいました。

 グフのコックピットでアスランの隣に寄り添うメイリンが、フレイ様とダブリ複雑な気分になりましたが、 メイリンは本当に女を挙げました♪

 今までの、アスランに対するちょっとした態度が伏線だったとは……、先週の予告を見た後でも実は、ルナマリアが絡んでくるんじゃないか? と疑っていました。(クルーの中では唯一秘密を知る人物ですし、 アスラン通でしたし)

 メイリンが助けるにしても、まさかあんな頼りになるとは予想外でした。どちらかというと『巻き込まれる』感じを考えていたので、その度胸&知恵&ハートに、ひたすらびっくりです。

 髪を下ろして、覚醒したメイリンは本当に魅力的でした♪

 お姉ちゃんの後を追いかけて、軍に入りながらも、銃の扱いにも不慣れなことから察するに、就職先のひとつぐらいにしか考えていなかった彼女が、戦争の先にあるものを見ているアスランに興味をもつことで、立派な女性に成長していくのかも……と期待しています。 

続きを読む
posted by 瀬無 at 00:08| Comment(6) | TrackBack(14) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

グゥレイトと叫んでみよう!

 ディアッカといえば、緑服になったことより、ミリアリアとの破局が衝撃でした。

 でも今はジュール隊の欠かせない補佐役として、気ままに頑張っていることでしょう。

 そんな彼を応援するべく、「グゥレイト!」と叫ばせいただきます!!

 グゥレイ党本部

  グゥレイ党宣伝(みずそらさん)

posted by 瀬無 at 22:38| Comment(4) | TrackBack(3) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

36話ぷち感想「瀬戸の花嫁」

 「瀬戸は日暮れて 夕波小波〜♪

        あなたとグフで お嫁にゆくの〜♪

        若いと誰もが 心配するけれど〜♪

        愛があるから 大丈夫なの〜♪」  

 

 「ちょっ、ちょっと待った!

       アスランの大ピンチに、あたしの出番あれだけ?

       あの写真だってあたしが撮ったやつなのに……」

 「奴のピンチに、俺もまた蚊帳の外だっ!」

posted by 瀬無 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(2) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

サラ=ザビアロフ → レイ

 「seed・エスカフローネに愛を注ぐ」のみずそらさんのサイトのトップ絵がまたまた新しいものになっています。

 

 それは良いのですが……やばいです。おっ可愛いとか思って、こんな女の子デスティニーにいたっけな? と見てみると…… レイでした……。

 シロッコ=議長 サラ=レイ となると……やはりクライストさんも考えているように、カツ=シンの構図がバリバリです。

 

 ALISA★さん35話感想も更新されています〜。

 リンク先の記事でも触れられています、アスランによるシン殴打事件のことですが……自分も、あればかりはアスランを弁護することはできません。

 いくら「ぎる〜」と日頃口ずさんでいるレイが言っていても、道理はシン達にありました。だから、アスランも無言でいったんはその場を離れようとしたのだと思います。

 アスランは、キラが絡むと行動や考えがかなりグタグタしたものになるな……と前作以上に思ってしまいます。

 イザーク達と一緒に入れば違った展開が見れただろうに……と最近強く思います。

 


 

 DESYINYといえば、文庫本でもあります。

 自分は今日読みましたが、文庫本だとキャラクター達の内面描写もフォローされるので、随分と違った感じを受けました。

 

続きを読む
posted by 瀬無 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

SEED DESTINY35話「混沌の先に」

 「お前らの頭は只の飾りか? 少しは自分の頭で考えろ!!!」

 今週も何気に見所は多かったですが、ついにザフトの星イザークが再登場してきました。

 タリアやアスランとは違って持っている情報は少ないにもかかわらず、しっかり考えているイザークの責任感の強さと視野の広さ……前作から一番成長しているキャラだと思います。

 ディアッカのニヒルさ(でも付き合いが良い)のと組み合わさってジュール隊の活躍に期待が高まります。

 

 そしてキラ、やっぱりというか普通に元気でした。

 カガリ&ミリアリアの看護もあってすぐ回復できそうです。ネオと会話することで……彼に何か影響を与えそうです。

 

 そしてシン……確かに前半のアスランの発言は明らかに間違っていると思いました。(レイのいうことに道理があります)。自分は別にそれについては、見えているものが違う……ということで特に思うところはありませんが……

あのルナマリアに対する視線は何でしょうか?

 なぜ見下したような視線なのか? (アスラン好きだったからでしょうか) かなり気になりました〜。(まあ気のせいかもしれません)

 

 久しぶりのミーアの登場ですが、ミーアがところどころ疲れた顔を見せているのが気になります。やはり議長の真意を少しづつ疑っている伏線なのでしょうか?

 だとしたら……アスランとどうなるのか? 楽しみです。

 

 …………さて蒼いグフや、新ガンダムの登場もありました今週でしたが……最後に爆弾がっ!

 あの予告は???

 来週は「アスラン脱走」

 ついについに、アスラン復活祭りがやってくるのでしょうか?

 そしてあのちょっとフレイ様似の女の子……否『女性』はやっぱりメイリン(髪おろしバージョン)? ルナマリア?(ウィッグ装着)……それともイザーク(女装)???

 

posted by 瀬無 at 02:00| Comment(6) | TrackBack(12) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

セイバーの行方

 「メイリン、ちょっと一枚写真撮らせて」

――パシャリ――

 「うわっ、お姉ちゃん! いきなり写真なんか撮らないでよー」

 「……いいから、いいから。可愛い妹の協力に姉として感謝するわ♪」

 


 

 「……かくかくしかじか……、というわけでありまして、是非とも評議会議員としてのお力をお借りしたいのですが?」

 「この俺が、なんで協力しなければいけないんだ?」

 「あらっ? ザラ隊長の日常を納めた光ディスクがこんなところに!」

 「よろしい、協力してやろう!」

 


 

 

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

SEED DESTINY 34話「悪夢」

 「キラーーーっ!」

 今週もアスランはまだ迷える子羊モードです。

 残念ながらルナマリアの心配&励ましはまだまだ伝わっていない……模様です。

 やはりMS同士(しかもガンダム同士)のバトルがあると燃えます! たとえシンにいろいろ思うところがあっても、今回のキラとの戦いは見事でした! 特にチェストフライヤーとかの換装パーツを次々と繰り出し、インパルスの利点を活かして戦うシーンは、かなり良かったと思います。

 キラはやはり不殺というところにつけこまれました。フリーダムが今週になって突然苦戦し出したのは、きっと映像化されていないところで戦い続けていての疲労みたいなものがあるのかな……と思います。(まあ、番組としての都合……といってしまえばそれだけですが…)

 自分は今までも(多分これからも)AA組のテロリズム的な行動には賛同できませんが、今回の彼らは自分の主義に一貫していた……ということについては、理想主義的なきらいがあるにしても、なかなか立派でした。

 その理想のために自分達がやられてしまっては元も子もない……とはいえ、一線を踏み越えてしまえば、今までの自分達の行動が無駄になる……といったところでの苦悩がもどかしい感じで、思わずAA組を心配している自分がいました。

 

●イザークとシンは残念ながら違った……●

 自分は以前の記事でシンはイザークのようになるかも……と書きましたが、やはりダーク化決定なのでしょうか?

 特に今週のキラに対する妄執じみた敵意、不殺にうまくつけこんだ行動、キラをかばうアスランへの軽蔑心。

 実はシンは自分がステラを逃がしたことで巻き起こした民間人を含む甚大な被害に、自分自身にも責任があることを気づいているのかもしれません。

 キラを憎んでいるのは自分やステラが責任を問われることから恐れ、自分達は決して悪くない……悪いのは全部アイツのせいだ……ということでの心理的な逃避なのかもしれない……と最後の彼の表情をみて思いました。

 

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(15) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

「まちぶせ」といえばルナマリア

 「好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと  もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる〜〜♪」

 「……お姉ちゃん、確かに(古い)名曲だけど……お姉ちゃんが歌うと歌詞がストーカーちっくに聞こえるよー」

続きを読む
posted by 瀬無 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

あんなに一緒だったのに〜♪

 クライストさんがお引越しです。(※リンク先過去記事には予告ネタバレがありますので、苦手な方はご注意下さい)

 SEED(運命も含めて)自分の中で一番に印象にのこっているのはタイトルの通り、「あんなに一緒だったのに」です。

 自分は、ZやZZとファースト(あと0083などのOVA)しか見たことがなかったので、「美形ばっかりのガンダムってどうよ……」的な捻くれた見方をしていました。

 そんな自分が、EDの使い方や、キラVSアスランの対決の雰囲気を盛り上げるのが上手だな〜と思ったのきっかけで、はまっていくようになりました。

 そういう意味で感慨深い曲でした。

 最近では、思い出深い……というより脳みそがシェイクされてしまった一曲、ミーアのアレンジバージョンのあの劇中歌に頭を支配されているような気がします。

 自分は特にEDが印象深いです。あのドラマ的な入り方は普通にかっこよいな〜と思ってしまいます。

続きを読む
posted by 瀬無 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(1) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

デスティニーのこれからは(というかシンのこれから?)

 自分のお気に入りでもあるALISA★さま レビューが更新されています。

 「宇宙の果てまで愛しぬく……」そんな決意が素敵過ぎます。マユ&ステラの夢の競演のイラストも良い感じです。

 ……さて問題のシンですが、実はまだダークに落ちない可能性も捨て切れないと自分は思っています。

 前作の前半では、民間人のシャトルを打ち落としたり、キラに対して執念深く追ってきたりしていたイザーク。

 彼もニコルの死から、アスランの行方不明、ディアッカが捕虜になったりする展開の中で、良いところがクローズアップされていきました。(後半のザフト軍はまさにイザーク=ジュールここにあり! と言わんばかりの大活躍が記憶に残っています)

 ひょっとしたらシンもイザークのように、一本筋の通った人間として大きく化ける……ということも狙っているのかもしれません。(但し、その間の成長過程をかなりしっかり描かないと『ご都合主義』とか非難ごうごう間違いなしですが)

 

【嫌われることが正しい主人公】像

 でも今までの流れから言うとALISA★さんが言われるとおりの主人公像を描かれていくのだろうというのが、やっぱり予想として正しそうです。

続きを読む
posted by 瀬無 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

SEED DESTINY 33話「示される世界」

 今週のseedはアスラン復活の兆し……そしてシンの悪役化がますます進んでます。

 そしてついにきた議長演説! ダ・カールでのソレを彷彿とさせるような、見事な演説っぷりには凄いの一言です。

 それは、シンでなくとも感化されてしまうのは避けられないことでしょう。アレに勝てるのは、銀河万丈さんぐらいしかいないと思います。

 正直がっかりしたのは、シンが自分のやったことが招いた「結果」について、まったく考えなかったことです。

 キラですら、正しいと思いながらも一応は悩んだりする描写があるのに、シンに至ってはひたすら逆恨み一直線。しかもレイにいいように煽動され利用されているようにすら見えます。

 そしてやっぱり、普段は軍規など無視しているのに、アスランに言い返すときは「軍人として…」なんて言い返すのには……やっぱりまだまだ子供だなぁというルナマリアの言い分に賛同してしまいます。

 それにしても逆恨みから復讐に暗い情熱を傾ける主人公……ホーク姉妹に心配されながら、悩めるアスラン……相変わらず不遇っぷりが目立つ主人公です。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:07| Comment(3) | TrackBack(11) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷うな負けるな、アスラン・ザラ

 「seed・エスカフローネに愛を注ぐ」のみずそらさんのサイトで目に付くものといえばタイトルにあるアレです。自分もアスランの復活を切望しています。

 Zのレビューの記事もかなり爆笑しました。

 自分はビデオでまとめて見た記憶があります……自分のお気に入りのキャラは、ハマーン様や、シロッコ、ジェリドにヤザンと基本的に敵方属性でした。

 ハマーンの駆るMS「キュベレイ」の美しさや、文字通り天才(かつ野謀家)だったシロッコなんかも記憶に残っています。

 「ハロでかくない」の話には同感です。今のはアスラン大量生産仕様ですから。

続きを読む
posted by 瀬無 at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

DVDジャケットは、ジュール隊希望です。

 またしても、みずそらさんのブログにて面白い記事を発見。

 七巻のジャケットは「キラ」とのこと……イザーク登場への期待が記事の間よりにじみでています。

 自分もジュール隊の登場は、アスランの復活と同じぐらい期待が高いです。

 あちらでは、隊長といえば『ジュール隊の隊長』をあらわすっぽいです。

 えっ? うちですか?うちで隊長といえば『ザラ隊長』ことアスランです。

 


 

「隊長、ランチでも一緒に食べませんか?」

「あっ…、お姉ちゃん! わたしも一緒に食べる〜」

「…ええ……まあ別にいいわよ……」

「じゃあ、アスランさん早くいきましょう♪」

「ちょっ、ちょっと待ちなさいよメイリン! あんた何で隊長のこと名前でなんか呼んでるのよ〜」

「何でって、私別にアスラン隊じゃないし〜。アスランさん、別にいいですよね?」

「ああ、別に構わないよ」

「むきーーーっ!」

 


 

続きを読む
posted by 瀬無 at 21:12| Comment(1) | TrackBack(1) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーブの中立とは……スイス・北欧諸国・日本を頭に浮かべつつ

「SEED・エスカフローネに愛を注ぐ」さまTBありがとうございます。…ということで記事を読ませていただきました〜。

 

この人は、何?何をそんなにコーディに対して思っているの?

そこらへんがまったくわかりません。彼はいったい、何と戦ってるんでしょうね?

 

 ジブリールに関して同感です。彼がああいう殲滅戦をとったのは、やはり見せしめ効果を狙ってのことなのだと思います。(前作におけるオーブ解放作戦の別の一面)

 こちら側につかないと……軍人・住民関係なく皆殺し……愚策ですが、ステレオタイプな悪役で非常にわかりやすいです……。

 極端な話、地球無しではザフトは生存できないので(資源・食料など)、ナチュラル側が貧しくなるのに我慢できるのならば……ザフトの地球における拠点を文字通り一掃するのは効果がある作戦だ……と限定的に思います。

 多分、本編で議長が『我々は引くことができないのだよ』と言っているのは、地球上におけるザフトの拠点は戦略的な命綱だ……ということを示唆したのかな、と考えています。

 


 

 seedシリーズを見ていて思うのは、監督さんの『平和』や『中立』というものへの幻想というか思い入れの強さです。

 そもそもオーブという国家が、己の生存をかけて争う二大勢力の狭間で中立を保つ……というのは原作の設定通り不可能です。

 その点ではユウナは、性格は嫌なやつですが、政策は間違っていないと思います。

続きを読む
posted by 瀬無 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

現在定期巡回中のサイト一覧

ガンダム関係 

ALISA★のLOVE DESTINY  ALISA★さん

SEED・エスカフローネに愛を注ぐ みずそらさん

星屑の記憶 クライストさん

shunichiro0083の愛の種運日記 shunichiro0083さん

たいむのひとりごと たいむさん

のらりくらりダイアリィ 長月さん

ナルトガンダム なるとがんだむさん

 他のTBいただいた方も巡回しています。

posted by 瀬無 at 20:19| SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作戦名は「イカロスのつばさ」!?

 このブログを始めて、はや一ヶ月半。先週末よりTBなどの外向きの活動を開始して、ブログランキングにも参加してみました……。

 びっくりしました。早速18票(?)入っています!

 クリックして下さった方々ありがとうございます。もちろんTBしてくださったサイトさんや、コメント下さったALISA★さんにも大感謝です。

 


 

「投票してくださる方々のために、何かできることがないか……メイリン! 一緒に考えて」

「う〜ん、何か特典を用意するとか?」

「さっすが、メイリン! なるほど餌を用意して釣り上げようっていう魂胆ねっ。……まったく、わが妹ながら、なんて腹黒なのかしら」

「…………まあそういうわけで、投票が伸びてきたら、お姉ちゃん秘蔵のコレクションを公開していきまーす」

「投票数が伸びて、上に行けば行くほどサービス度合がアップ! 名づけて『イカロスの翼』作戦ねっ」

 


 

 ……えっと、もちろん冗談です。(というかキワドイのを描ける画力がまだありません)

 ただ、ルナマリアさんの隊長マル秘ショットや、メイリンとのプライベートな写真なんかはすごっく見たいのは自分だけではない…と思います。

人気blogランキングへ 一発気合をお願いしまっす!

posted by 瀬無 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。