2005年10月06日

To Heart2 第1話「新しい制服」

 あのゲームのアニメ化ということで、軽く見始めました。

 期待はタマ姉花梨だったりします。とはいっても未プレイなので第一印象だけですが……。

続きを読む
posted by 瀬無 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

D.C.S.S. 14話「心の扉」

 今年は暑い! 十月なのに……下手したらまだ半袖でも大丈夫そうです。

 そんな中、ダ・カーポでは朝倉達は海へ出発です。

 今シリーズのシリアスパートは……ことりさんが一手に担うことになるのでしょうか?

続きを読む
posted by 瀬無 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

D.C.S.S. 13話「アイシアの夏」

 D.C.の感想でもお世話になっている、「萌えっ娘ハウス」(サッスロさん)応援しています! ということで13話の感想です。

 最近、D.C.における音夢さん&朝倉兄……視聴者が見たいストーリーと、製作者側のそれとは乖離しているのではないか? と思ってきてます。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

D.C.S.S. 12話「初音島のWスター」

 環、ななこときて、今回はアリスメイン!

 こちらのアリスは、ピロスも家に置いてるっぽいですし、朝倉・杉並グループとは仲良くしているけど、まだ他人は苦手という状態なのでしょうか?

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(3) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

D.C.S.S. 第11話「ただいま執筆中!」

 今週は「ななこ」メインですが……彩珠ななこというキャラは、不遇というか今ひとつ輝けないキャラだなーということを改めて実感してしまいました。

 ゲームでは、眞子との友情や、その好奇心の強さで、好印象を持てるイベントが多かった彼女ですが……反面滑りがちなギャグでトータルで見ると存在感が薄いイメージがあります。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(4) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

D.C.S.S. 第10話「入部します!」

 先週の大波乱(ある意味順当な結果なわけですが)より、D.C.S.S.も物語的には折り返し点に入ったということでしょうか?

 朝倉兄とアイシアのち音夢さんメインで進んでいた話ですが、ここにきてアイシアメインで、周囲のキャラを描くことに、軸が変更されているように思います。

 来週の予告から考えても、ぴよさんの推察されている通りに物語が進んでいきそうです。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(4) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

D.C.S.S. 第9話「枯れない想い」

 朝倉兄妹をよく知る人物……「芳野さくら」がくると思っていたのですが……うまく裏をかかれました!

 まさかあの娘さんがでてくるとは……うまく視聴者の予想をくつがえす展開です。

 しいて不満なところをあげれば……朝倉兄妹中心でいくのならば、セカンドシーズンになった意味が薄れてしまうのでは……ということです。

続きを読む
posted by 瀬無 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(4) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

D.C.S.S 第6話「美春への手紙」

 敢えて言いましょう。

「再びD.C.の理想をかかげるために、セカンドシーズン成就のために……

初音島よ、私は帰ってきた!!!

 このタイミングでの音夢さんの帰還には本当にびっくりしました。

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:44| Comment(3) | TrackBack(4) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

Zガンダム 43話「ハマーンの嘲笑」

 ティターンズは、グリプス2の次なる目標を月面都市グラナダに定める。

 攻撃を指揮するのは、バスク大佐。指揮下にはアレキサンドリアなど多数の艦艇が参加していた。

 それに対し、エゥーゴのメラニー・ヒュー・カーバイン会長は、ある策を用いることを決断、グリプス2を追跡しているアーガマに特使を派遣することに……

 グリプス2によるグラナダ攻撃は止められるのか? エゥーゴ上層部の策とは?

以下ネタばれ)

続きを読む
posted by 瀬無 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

D.C.S.S. 第5話「魔法のしっぽ」

 第2話より始まった、アイシアスペシャルついに今回にて終了です。

 朝倉兄からは魔法を教わることができないとアイシアが知った時……物語が動くと考えていましたが……シリアスになることもなく、 あっさり消化されてしまったなーと思いました。(むしろ、こんなにあっさり解決するんなら、引き延ばす必要は無かったんじゃないかと……)

続きを読む
posted by 瀬無 at 05:30| Comment(3) | TrackBack(7) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

D.C.S.S. 第4話「桜並木のむこうに」

 ことりメインで始まるのかと思っていた、ダ・カーポですが、ここのところ「アイシアらっしゅ」が続いています。

 最近気になるのは、アイシアの願いが「魔法の習得」ということならば……朝倉にその願いを叶えることはできないわけです。

 2話に渡ってその事実は、アイシアには伝えられていません。もちろん原因はアイシアの暴走によるものなのですが……ひょっとしたら 敢えてこの問題を引き伸ばしているのでは……と考えてしまいます

 アイシアが魔法を学ぶという願いを叶えるためには?

 枯れてしまった桜の木。初音島に確かにあった不思議な話……ひょっとしたら絡んでくるのかもしれません。

 とはいえ今の勢いだと、あっさり解決することもありそうですが……。

以下ネタばれ)

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(3) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

D.C.S.S.第3話「読めない地図」

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない
何かを得るためにはそれと同等の代価が必要となる それが錬金術における等価交換の
原則だ……。その頃僕らはそれが世界の真実だと信じていた。

 錬金術とはモチロン違いますが、朝倉の魔法といえば和菓子を作り出す代わりにカロリーを消費するというのはお約束です。

 ……じゃあ、あのアイシアの魔法は? とまだ謎が残されています。あれだけの物を作り出しているのにもかかわらず、疲労の色さえ見せないアイシア。

 ひょっとしたら、自分の人格を犠牲にして……とか、見えないところで負担がきそうで怖いところです。後半に訪れるであろうシリアスモードでそれが発動しなければ良いのですが……。

 以下ネタばれ)

続きを読む
posted by 瀬無 at 16:17| Comment(2) | TrackBack(9) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

D.C.S.S.第2話「読めない地図」

 ことり全開ではじまったダ・カーポも2話に突入です。

 今週はOPがお目見えでした〜。音夢さん&さくらは姿無しです……。

 

 正直なところ、音夢さんというメインキャラ抜きだと、前作のイメージが強いためにパワー不足を感じてしまいます。

 ことりも魅力あるヒロインですし、今回も萌えあり恋愛ありと頑張っているのですが、ことり単体シナリオならば良いのですが、集団を引っ張っていく力が不足気味かな……と思いました。

以下ネタばれ)

続きを読む
posted by 瀬無 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

D.C.S.S.第一話「あれから2年…」

  サーカスといえば、やはりダ・カーポです。いくつものバージョン違いを出すその販売戦略はファン泣かせでしたが、いよいよアニメ第2弾ということで楽しみにしていました!

 原作(D.C.)はファンタジー要素が強かったので、『こそばゆい学園アドベンチャ』という宣伝文句が少し違和感がありました。

 アニメ第2弾となる、セカンドシーズンでは今のところ音夢さんとさくらはお休みっぽく、ことりがメインになりそうなので、 萌え&こそばゆさが強めな感じが期待できそうです

 二年後ということなので、水越姉妹は妹の眞子がメインに絡んできそうで、それも要チェックです!

以下ネタばれ)

続きを読む
posted by 瀬無 at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

エルフェンリート最終話「不還」

 はまっていたアニメの最終話を見終わった後の気分は、日曜洋画劇場を見終わった気分を思い出します。

 平穏に潜む悪夢の物語。

 一度んだられられない

 凄味がここにはある……。

     漫画界・アニメ界を騒がす

   本年度一番の問題作

 エルフェンリート!

 という広告は、ちょっと大げさ過ぎだ〜と思いながらも、最終話、息をのんで見ていました。

 以下ネタばれ)

 

続きを読む
posted by 瀬無 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

エルフェンリート第11話「錯綜」

 物語も残すは、あと三話……というところで最強のディクロニウスである35番がついに正体を現しました。

 ナナは相変わらず、アイスを焦って食べて頭痛を起こしたり、家族の一員として仕事を任されたり、お風呂に感動したり……マユに助けてもらいながらも、相変わらずの天真爛漫さを発揮していました。

以下ネタバレ)

 

続きを読む
posted by 瀬無 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

エルフェンリート第10話「嬰児」

 お金をまとめたまま放置しておくと……寝ている間に「お金」が合体して襲ってくる……まさかそのネタが映像化されるとは思いもしませんでした。

 予告でナナ(小ルーシー)が磔にされているのがでていたので、うわっまた「訓練」のシーンがくるのか……と構えていたのですが、まさかナナの夢だとは……面白い。

 うなされているの起こしてくれた「マユ」に、「マユがワルイんだからね」って……拗ねる姿が可愛いですが、確かにその通りです。

 あとナナの食べっぷりは見事。セイバー(fate)を思い出す食いしん坊ぶりに、にゅうも目を丸くしているのが微笑ましいものでした。

続きを読む
posted by 瀬無 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

エルフェンリートにはまってます2

 TVKで月曜夜24時45分から放送されているアニメ「エルフェンリート」……人気はどうなんでしょうか?

 正直いうと、あまり人には薦めづらいアニメではあります。自主規制ぎりぎりの、残酷な描写がネックです。(自分のレビューでも、あまりに辛いときは、スルーor婉曲な表現に変更して誤魔化していますが)

 「ナルトガンダム」さんで「エルフェンリートのススメ」という紹介記事が、良い感じでした。(自分もこういう記事が書けるようになりたいものです)

続きを読む
posted by 瀬無 at 19:06| Comment(1) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

エルフェンリート第9話「追憶」

 今週もやってきました「エルフェンリート」。

 ああ、また精神的に打ちのめされそうな展開がくるだろう……と不安に思いながら視聴していました。

 オフィシャルサイトを見たところ13話までとのことなので、もう半分以上終わって終盤にさしかかっているはずですが……未だに謎だらけです。

 しかも、漫画が原作だったんですね〜。TVKでの視聴が終わったところで、原作購入の予定です。(きっとアニメより過激な表現になっていそうですが)

以下ネタばれです)

続きを読む
posted by 瀬無 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

エルフェンリート 8話「嚆矢」

 「ナナ」によって明かされた秘密。ルーシーが熱でうなされる中、思い出した過去の記憶……。
 今週もとんでもなく重いシーンがありました。

 それはさておき、「ナナ」可愛いです。なんともいえない愛嬌が◎です。
 ……でも、友達だからってあっさり秘密を話して、口止めされていたことを後から思い出し悔やむシーンを入れるあたり、重くなったところで気分を少し明るくしてくれました。
 ……簡単に詐欺とかにひっかかりそうで心配です。やっぱり「ナナ」には「マユ」が必要です! 友情パワーで社会の荒波を乗り越えてほしい!

 ……そして、眼鏡の助手のお姉さん大ピンチ。やっぱり悪巧みにひっぱりこまれてしまいました。
 息子の方がまだ、積極的に一般人を巻き込まないだけマシに思えます。(とはいえ、どっちもどっち?)

 名前だけでてきた、「35番」。「ナナ」はリーチが長いという特徴がありましたが、さらに強そうです。


 孤児院の話は……あれだけ子供の残酷性を見せつけられるとは……。かなり印象に残りました……あのシーン。
 正直、ルーシーが言っていることに、反論できないです。

 来週は、いよいよ「こうた」との初対面です。物語の核になる話になりそうなので、楽しみ(重い展開になるかも…と少し不安)です。

posted by 瀬無 at 23:22| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。