2006年07月10日

花芽がでました

紀の川様もみてる 「紀の川」に花芽がでてきました!

 「紀の川」を育ててみて思ったのは……火祭なんかもそうですが、徒長しやすいと思います。

 日当たりはモチロンですが、水も辛めにしないとあっというまにひょろっと伸びてきます。

 夏の花火のように、立派に咲いて欲しいものです。

 こちらは、火祭錦(斑入り種)

 徒長もせずに立派に育ってくれています。斑入りとはいっても、特に気を使う必要がないのは有難いです。

 ピンクに染まる秋が楽しみです。

posted by 瀬無 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

三倍速く動く、赤いやつ!

 写真はうちの姫こと、「ブロンズ姫」です。

 一枚の葉っぱから三つも発芽して、ちょっとギュウギュウです。紅葉しなくても赤いので、寄せ植えにもうってつけです。

 今日は多肉を眺めていたら……素早く動く赤い虫を発見。

 もしかして……葉ダニ!? と思いきやネットで調べると、どうも「タカラダニ」ぽいです。植物に害もなく、人間にも悪さをしないやつなので一安心。

 むしろ、他の小さなダニを捕食することもあるっぽいので、益虫に近い、害虫ではないやつという認識でいいのでしょうか?

 自然にいなくなるということなので、しばらくの間多肉たちの間を疾走していることでしょう。

posted by 瀬無 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

これで終わりにするか、続けるか、シャア!!

 パキフィツム属「ブルーへーゼ」

 もう多肉は増やさないぞ……と思いつつも、ついつい買ってしまった多肉その2です。

 サボ・多肉ビックバザールの雰囲気が、多肉を買いたい雰囲気にさせてしまったのです。(責任転嫁)

 

 パキフィツムの中でも、葉の厚みや色づき方がフーケリーの仲間っぽい感じです。ググってもヒットしなかったので、Pachyphytumで検索してみたら、あたりました。

 Pachyphytum"Blue Haze"というのが、そうみたいです。ヘイズをへーゼと呼ぶみたいです。

 「青い霧」といった名前を与えられているんですねー。

 月美人よりも、グレーがうすく、すこし緑と青色が強い感じがします。茎のほうは、先端は粉吹きますが、他は透明なものに覆われています。

 葉先がほのかに赤いので、上品な感じが◎です。

 自分が買ったのは、生長して下葉がおちていたので晴れていた昨日から切り戻しを始めてます。

 ……白い粉が剥げないように、とにかく慎重に扱ってます。

posted by 瀬無 at 06:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

クマ! 二個め!!

 熊童子(黄斑)

 ビックバザールに行ってきました。……神代植物園のとき以上に、人も大勢いましたし、多肉もたくさん並んでました。

 都営三田線って、高島平の方は地上にでてくるのが不思議です。

 でも、ちょっとマニア向けというかお高い(四桁五桁の多肉たち)がずらっと並んでいるのには、おなかいっぱいです。

 ミニ多肉が沢山売られていたのですが、熊童子の斑入りは黄・白ともにたくさんありました。需要供給ともに多いんだな〜と、人気をあらためて実感です。

 自分が育てているのに比べると、色や肉付きが全然違うな〜と、状態の良さに惚れ惚れしてしまいます。ちなみに300円也。

 ちなみに以前購入した白斑は、枯らせてしまったので、今回は失敗しないようにこころがけたいところです。

posted by 瀬無 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

赤玉土

 お気に入りのハオ「雫石」です。

 購入してから植え替えしていなかったので、朱温鉢2.5号に植え替えです。

 ハオは根っこの水分が完全に切れるのが苦手らしいので、サボ多肉用土に半分ぐらいの割合で赤玉土を加えてみました。

 購入したのは赤玉ボール土。硬質な赤玉土らしく、頑丈な粒が通気性が良さそうな感じです。

 もうすぐ休眠期。梅雨や夏をのりきってほしいものです!

posted by 瀬無 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

小さくても元気

 次の流行は、ゼクトルーパーです。……秋葉原のメイドさんたちは、実はゼクトの隊員なんです(えー)

 さて話は変わりますが、ハイドロちっくに育ててみた熊童子……ちょっと葉色が悪くなってきたので土に植え替えました。

 ついでに、ちょっと徒長してしまった月兎耳も茎を切って挿してみました。2週間ぐらいで発根を確認できたので、水やり開始です。

 肥料はマグアンプKを一粒だけいれて様子見です。

 多肉を始めてみてわかりましたが……プラ鉢って使い勝手がいいなーという印象が意外でした。軽石メインの用土は乾燥が速いために、素焼鉢や朱温鉢よりもプラ鉢との相性のほうが良さそうな気がします。

posted by 瀬無 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

晴れ

 晴れ、その予報を聞いたら、いそいそと多肉を窓枠へ移します。

 梅雨までは多肉に最適の季節。すくすく育って欲しいものです。

posted by 瀬無 at 06:28| Comment(1) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

我が家のベランダです

 100均で、木の棚を購入してきました。上段は強健種。下段は強光が苦手なものや、休眠中の株を置こうと思っています。

 冬はビニールをかけて、簡易ビニールハウス仕様にしたりしようとか考えてしまいます。

 ……まだ2ヶ月たってないのに、随分増えたものです〜。

posted by 瀬無 at 20:34| Comment(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさに雫!

「雫石」(ユリ科ハオルチア属)

 収穫品その3。これも軟葉のハオルチアです。

 透明な窓、小さくて、つぶつぶな形が「雫石」というネーミングにぴったりです。

 朝日が透ける様は、いくら見ても飽きないものです。

 真夏は遮光が必要とのことですが、それ以外の季節は通風さえしっかりしていれば心配ないとのこと。ハオの仲間は、みんなキレイなのでどれも欲しくなります〜。

 ディープだぜ、多肉ってヤツは……(えー)

posted by 瀬無 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ニーハオっ!

「???錦」(ユリ科ハオルチア属)

 クギダ? リギダ? 名札の字が不鮮明だったので名前が不明のハオです。

 多肉の中でも、メセン・リトープス・コノフィツム、ハオルチアの仲間たちは、また別格のような気がします。

 ハオルチアは、熱帯魚でいうところのグッピーのような多肉です。

 時には人工的な交配を重ねられながら、様々な種類が出回っています。

 この多肉は、「京の華」の姉妹分っぽい感じです。(祝宴錦にも似ています)

 ハオルチアは冬型種で、原産地では岩陰などに生息しているので、光は若干弱めが好みっぽいです。

 光が透ける感じの緑と、白い斑とのコントラストが綺麗な多肉だと思います。

posted by 瀬無 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼切りっ! 愛称は「おにぎり」(ウソ)

「鬼切丸」(ユリ科アロエ属)

 サボ多肉植物展の収穫その1。アロエです〜。

 肉厚の葉と、結構痛いトゲトゲが印象的な多肉です。何より「鬼切丸」というネーミングがカッコイイです。

 図鑑で調べると……アロエの中でも大型種で『鬼を思わせるような豪壮な姿になる』と書かれていて、ちょっと心配です。

 トトのように成長しちゃったら、手に負えなくなりますし(えー)

 できればこのままの、コンパクトな姿のままでいて欲しいものです。

posted by 瀬無 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

都立の植物公園で多肉狩り

 都立神代植物公園<サボテン・多肉植物展>(本日まで)に行ってきました。

 銘月や朧月ブロンズ姫など、ご近所でみられる多肉から、大型のオツブーサなどの珍しいものまで、多肉が展示されていました。

 GWということもあって、園内にはお客さんが多かったですが、じっくり見てきました。

 見慣れた種でも、のびのびと育っている姿が印象的です。例えていうならば、いつもポニーテイルの彼女が、髪を解いた姿というか、眼鏡っ子が眼鏡を外した姿というか……脱線失礼(笑)

 

 園内はバラ展やつつじが咲き乱れていますが……もうひとつの目玉は、多肉のエライ方達による即売会。

 NHKから多肉本を出しちゃうような人が、売り場に立っていたりするのでビックリします。

 例えるならば、彼らはファースト世代(笑)。ケープタウンまで多肉狩りに行ってしまうような人々です。話しかけると写真の撮り方から、多肉の種類・育て方、 あと値引きまで……いろいろ実になる話をしてくれます。

 苗の値段も300円〜と、財布にもやさしい感じです。園芸店で買うと800円とか1000円以上してしまうので、安く感じて財布の紐も緩みがち(えー)。

 ホームセンターでは見られない品揃えに、多肉の懐の深さを感じます。

 ……ちなみに、もう多肉は増やさないと決めていますが……6月4日には都内で「サボテン・ビックバザール」という、サボ多肉ファンにとっては年に一回のお祭があるそうです。

posted by 瀬無 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

月つながり

 パキフィツム属の「〜美人」シリーズ。うちで育てているのは「桃美人」と思っていたのですが、どうやら「美人」っぽいです。ルナつながりですっ♪

 

 今日は、姫鷲さんのところで存在を知ったプチスタジオ4を購入してきました。

  姫鷲さんの記事で、キャラの位置もばっちり把握しているぞっ! と思って左端前狙いで売り場に行ったのですが…………箱から出されて、並べられていました(!!!)

 売り場面積の都合なのでしょうが、ルナ以外でもメイリン、アスラン、イザークとお気に入りキャラだらけだったので、安心して一つ購入です。

 結果はルナマリア♪ 満足満足です。 

posted by 瀬無 at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

目指せ、bonsai(!?)

「雅楽の舞」(スベリヒユ科ポーツラカリア属)

 今日は親戚の方と食事だったのですが、場所が池袋♪

「グラディス艦長!」

「貴方達は行きなさい。この多肉は私が連れて行く」

 ……ということで、また西武池袋にて購入です〜。

 盆栽フェアっぽい感じの中、多肉・サボテンも相変わらず盛り沢山でした〜。

 そんな中で目にとまった多肉は雅楽の舞

 雰囲気がなんとなく盆栽ちっくな感じです。寄せ植えにもつかえそうですが、これは単独で育て、刈り込んで盆栽仕立てを目指したいところです。

 黄色い斑入りなのですが、やっぱり気難しそうです。

※多肉植物データベース

posted by 瀬無 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

美空鉾

 「美空鉾」(キク科セネキオ属)

 セネキオ属はセネシオ属とも読むらしいですが……初めてベンケイソウ科以外の多肉を買ってしまいました。

 植え替えの時に根を乾燥させてはいけない&切ってはいけないなど、微妙に管理法が違うので、調べています。

 光にあたると葉に光が透けて、青白っぽく見えるのが、涼しげで魅力ある多肉です。

 和名の字面もカッコイイと思います。

 水を与えすぎると、立っている葉が広がるということなので、そうならないよう注意したいところです。

posted by 瀬無 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

オトメごころ

 「乙女心」(ベンケイソウ科セダム属)

 丸い葉っぱの先っぽが赤みを帯びるその姿は、まさに「乙女心」という名に相応しい可憐さです。

 なんか毎月買っているような気がしますが……また、池袋西武に寄り道してしまいました。

 先月のサボ・多肉フェアの名残か、たくさんの多肉たちがお出迎えしてくれました。しかし……夕方の屋上は寒かったです。

 さらに「大きなカメラ屋」に行って、ルナマリアがいないかどうか見てきたのですが……見当たりませんでした。それにしても、フィギュア売り場ってガンプラなみに大きいという事実に驚きました(えー)

posted by 瀬無 at 20:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

「多肉植物 ユニークな形と色を楽しむ」を買いました

 NHK趣味の園芸「多肉植物 ユニークな形と色を楽しむ」

 オールカラーで\1300。

 植物関係が初心者な自分には、とても為になる本です。特に植え替えの方法が詳しく説明されているのは有難かったです。

 他にも店での多肉の選び方、挿し芽の仕方など、ネットで調べてわかってたつもりの事柄も、確認できて勉強になります。

 冒頭で紹介される、綺麗に彩られた寄せ植えたちも素敵です。

 こういう分野だとNHKはやっぱり良い仕事するなーと、改めて実感します。

 

 小学館「小さなインテリアガーデニング」も購入しました。

 エアプランツから、サボ多肉、盆栽まで、インドアで楽しむ植物の紹介がありました。

 グッズや、飾り方に憧れてしまいます。

posted by 瀬無 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

開花!

 グラプドセダム属「愁麗」

 たいむさんのところでは、 シャコバサボテンが立派な花を咲かせていましたが、うちでも多肉が花咲かせてくれました♪

 葉と葉の間から花芽をにょきっと出して、小さな黄色い花が咲いてます。

 ちょっと気になるのが、下葉がハイペースで萎んで枯れていくんですよねー。

 花咲かせるのは、案外エネルギーが必要なのかも? と思いながら通常の水やりに加えて、霧吹きして水分を補給しています。

posted by 瀬無 at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

寄せ植え鉢、三つめ

 寄せ植え三号です。この前買った多肉たちも、一つにまとまってます〜。

 鉢は100均で購入したのですが……、小学校の机や椅子のようにガタツキがあり、気になるところです。

 ミニ盆栽用の鉢がベストなのですが、紀ノ川が思った以上に根が長くて、収めることができる鉢を探すのが大変そうです。

 話は変わりますが、この記事

 知って微笑ましいというか何というか。献血といえば、ドリンクやボールペンぐらいしかもらった事は無いのですが、あの手この手を使っているのがわかります。

  とりあえず、“メード”ではなく“メイド”と呼称してもらいたいです(笑)

 個人的には、こういったサービスよりも、看護婦さんの何気なくでてくるプロっぽい仕草や、微笑みのほうがぐっとくるものがあります。

 ちなみに、免許更新や取得のときに、時間つぶしについつい献血しちゃうのは自分だけでしょうか(笑)

posted by 瀬無 at 21:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

終わらない明日へ

 クラッスラ属「火祭錦」

「人が数多持つ予言の日だ」

「そんなこと!」

「それだけの多肉! 重ねて買ってきたのは誰だ! 斑入りとて、火祭の一つだろうが!!」

「……それでも! 買いたい多肉はあるんだーーーっ!!」

  ということで(笑)、今回買った多肉の最後の紹介は「火祭」の斑入り種である「火祭錦」です。

 緑色の葉に、白いラインが限りなくクールです♪ 完全に紅葉すると「火祭」と同じなのですが、それよりもほのかに紅葉している姿が素敵過ぎます。

posted by 瀬無 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。