2005年11月10日

小説版 seed destiny(4)「示される世界」

 「アスランの鈍感っ!」

 「ちっちっち…お姉ちゃん、女は度胸なんだから。ここ一番で踏み込みが足りなかった己の甘さを呪うべきだよ〜☆」

 「ううっ……」

内容はシンがフリーダムを逆恨みする33話からオーブ戦終了の42話まで・・・ってほとんど物語終わってるじゃん(笑) by クライストさん(星屑の記憶)

 「全くだな!」

 「うちのレビューと違って、全キャラ偏りなく感想を書いてあるよねー。……お姉ちゃん以外は(笑)」

 「ウィラード隊長にも負けてる!! これもロゴスのせいなのっ!?」

―――――

 「たいむさん……あなたの記事は楽しみにしてるわよ(にっこり)」

 「堂々と圧力をかけるなっ! キサマ、それでもザフト軍人か!!!」

 「……とにかく。上の2人の発言は気にせずに」

 「「扱いが同じっ!!!」」


 フリーダム撃墜、アスラン脱走、対ロゴス・オーブ戦と、終わってみれば種運のクライマックスがこの間に凝縮されていたような気がします。

 アニメ本編だとオーブ戦以降は……あまりパッとしなかったような気がしますが(えー)、次刊も楽しみです。

ルナマリアの告白

 やっぱり告白だったのかーっと思わず頷いてしまいました。反応してほかったところはそこじゃないっというルナマリアの描写が、今となっては切ないです。

 アスラン脱走で蚊帳の外だったことが、その後のロゴス戦での戦いっぷりと相反して切ないです。

 「忘れてた? あたしだってヒロインの1人なのよっ!!」

 

苦労だらけのタリアさん

 小説版でも、ひときわ輝いている描写が多いのはグラディス艦長! ため息が色っぽいです(違います)

 アーサーも本当に彼女を悩ませていますが、それとは別に議長・アスラン・レイ・シンと彼女の頭を悩ませる存在が多くて大変そうな描写が印象的でした。

 「アスラン脱走」を知ったときの気持ちにはちょっと笑ってしまいました。こんなこと考えていたのでしょうか(違います)。

 「あのおとなしいアスランが、保安要員を殴って逃げた? 信じられないわ! シンの間違いじゃないの……まあシンならばいつものことですみそうだけど……」

 

メイリン 〜もう、妹だなんて言わせない〜

 アスラン脱走では一躍ヒロインになりながらも、本編ではサブキャラ故の描写不足に悩まされた感が強い彼女ですが、小説版でも頑張ってます。

 楽しみだった「アスラン脱走」の描写も、熱くて期待通りでしたし、アスランとの一連のやりとりが、どれもツボをついてくるのが面白くてしょうがないです。

 メイリンに関しては、アスランの一言で全て表現できちゃいます。

 「メイリン…君、スゴイね……」

 

やっぱり鈍感な(それでいて繊細な)アスラン

 ミーアとメイリンの助けを得て立ち上がるアスラン。

 シンとの対話らしい対話ができなかったことを悔やむさまには、本編が終わった今本当に強く同感します。

 結局、「シン!」と叫ぶばっかりでろくな対話もできないまま戦った二人の結末を思うと……。

 とはいえ「アスランを超えた!」と考えていたシンが、アスランに腕を切り落されることでショックを受けるシーンでは、黒い喜びがあったことは否定はしませんが(えー)

 キラ>シン>アスランという、強さの設定を聞いていたのですが、才能でなくトータルのパイロットとしての力量はアスランが他の2人を超えていると思いたいです(贔屓です)

posted by 瀬無 at 23:30| Comment(3) | TrackBack(1) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。姫鷲です。

>アスランの鈍感っ!

今にして思えばアスランって恋愛(またはエロ)系美少女ゲームの主人公みたいですよね。実はそれが制作側の狙いだったんですかねぇ?

>もう、妹だなんて言わせない
>メイリン…君、スゴイね……

あ、なんかちょっと淫靡な雰囲気(笑)
Posted by 姫鷲 at 2005年11月11日 23:52
瀬無さん、こんばんは!
うわぁ〜催促ですかっ!(二人目・・・汗)
もうしばしお待ちください。(たっと名古屋編が終了したばかりで・・・)

>パイロットとしての力量はアスランが他の2人を超えている
思いたいけど、パイロットとしてはキラが一番でしょうね、きっと。
シンは”フォースのダークサイド”から解放された今、アスランにはなかなか勝てないでしょう。
だから
キラ>アスラン>シン が打倒では?

でもね、総合面から行けば・・・

アスラン>キラ=シン もしくは
アスラン>シン>キラ じゃないかなぁ(笑)
ってか間違いなし!

Posted by たいむ at 2005年11月12日 20:08
 たいむさん、姫鷲さん、こんばんは。
 レスは以下にまとめてあります!
http://koyomi-2al.seesaa.net/article/9337456.html
 コメントありがとうございます!!
 それではー。
Posted by 瀬無 at 2005年11月14日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4)示される世界」(アスラン中心編)
Excerpt: やっと書くことができた4巻の感想。しかし、3巻「すれ違う視線」ではすっかりアス
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2005-11-15 00:47

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。