2005年10月13日

SEED DESTINY(再) 2話「戦いを呼ぶもの」

 「あたしの伝説が始まった、記念すべき回ね!」

 「……って、お姉ちゃん! 放送終わってるのに、平然とはじめないでよぅ」

 「そこは大人の事情ってヤツだから、メイリンは気にしなくていいの!!」

 「えーーっ!!」

 「 と に か く ! 2話目にしてルナ専用ザクの初出撃。アスランとの初めて☆と盛り沢山な内容だったわね♪」

 「俺は、アレックスだ……カガリもそうだったけど、ヒロインは銃を向けるのがお約束なのか……

 「お姉ちゃんの初陣って、フォーメーションラップでリタイア? みたいな感じだったねーっ」

 「フン! 情けないぞっ!!」

 「ううっ、思えばアレが悲運の始まりだったわ……ってイザークさん、出番まだなんですから、勝手に出てこないで下さい!」

 


 種運命も放送終了ですが……まだ終わっちゃいない! ということで、『こよみ2文』をまだ始めていなかったころの種運命も記事にすることにしました。

 再放送に合せて、木曜日は種運命の日、金曜日はガンダム(ファースト)の日として、基本的に「こよみ2文」を運営していく方針です。

 

「伝説が終わり、歴史が始まる」

 自分の好きな某アニメのEDです。それはともかく、ヤキン・デューエ戦後のユニウス条約後の世界を描いた種運命。 出だしは普通に面白い! と思うのは贔屓のしすぎでしょうか?

 

繰り返される歴史……

 アスランの回想も入りますが……連合のファントムペインによるガンダム強奪劇。

 カオス、アビス、ガイア共に強いです。こんなに強かったのか! 特にカオス……ドラグーンのようなのもイキナリ使いこなしてますし、アビスの火力やガイアの機動力も印象に残ります。

 ブロックワードを使われて、逃走に転じるステラ。何だかんだいっていながらも、ステラの背中をしっかり守るアウルとスティングがなかなか良いです。

 フラフラ逃げるガイアと、それをかばうカオス・アビスの戦闘シーンは、一番の見せ場だったと自分は思います。

 そして彼らの上官のネオも初出撃……ってエグザス強い!!(ウィンダムより強いんじゃ……と思ってしまいます)

 種運命を一回通して見たせいか、戦闘シーンの豊富さとテンポの良さが信じられないです(えー) 何か今作は期待できそうだ……と思ったのは自分だけでないはずです。

 

「動くな!何だお前達は。軍の者ではないな!何故その機体に乗っている!」

 失意の初陣のルナマリア。アスランとの初会話です。この後のカガリの不用意な(?)一言から、ルナ姉さんの戦いは幕を明けることになるのです(えー)

 

 「……なんか、俺。主役なのに影薄くないか!?」

 よく戦っていたインパルスですが、カオス・アビス・ガイアに比べるとストライクに似ているせいか、いまいちインパクトが弱かったような気がします。

posted by 瀬無 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8063964

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。