2005年06月07日

エルフェンリート第10話「嬰児」

 お金をまとめたまま放置しておくと……寝ている間に「お金」が合体して襲ってくる……まさかそのネタが映像化されるとは思いもしませんでした。

 予告でナナ(小ルーシー)が磔にされているのがでていたので、うわっまた「訓練」のシーンがくるのか……と構えていたのですが、まさかナナの夢だとは……面白い。

 うなされているの起こしてくれた「マユ」に、「マユがワルイんだからね」って……拗ねる姿が可愛いですが、確かにその通りです。

 あとナナの食べっぷりは見事。セイバー(fate)を思い出す食いしん坊ぶりに、にゅうも目を丸くしているのが微笑ましいものでした。

 ルーシーvsナナの対決では、マユが言いかけていましたが、わざとルーシーはナナに手を下させようとした……そんな気がします。

 以前ナナに戦闘の結果とはいえ、ああいう仕打ちをした後に蔵間室長から頬を張られたことが、ルーシーに影響を与えているような気がします。

 謎だった蔵間室長の過去が明らかになりました。ナナは本当の蔵間室長の実の娘だったんですね〜。(希望的推測)

 しかもディクロニウスと呼ばれる角人間は、接触することで種族を増やしていく……そして同じ絶望・苦しみを与えるとは……。

 しかも接触することで、遺伝情報を書き換える……親に関わらず、みんなルーシーやナナのような顔になってしまうのには、恐ろしさを感じます。

 そして35番……圧倒的です。地下の奥深く、分厚い扉で仕切られた部屋につながれている様子はさながら、evaの使徒です。

 監視役の女性研究員が、人が良さそう&可愛いのが気になります。35番を本当に抑えることができるのでしょうか?

 人間と角人間、果たしてどちらが本当に残酷なのか……重いテーマを扱っているだけあって本当に面白いです。



posted by 瀬無 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。