2007年02月26日

ガンダムW「流血へのシナリオ」

 ついにトレーズが動き出します。

 ガンダムを誘き出し、なおかつヒイロたちに連合首脳を倒してもらう……。

 ガンダムに乗った少年たちもついに一堂に会します。

「デュオ!」

「……あいつ俺の名前、覚えやがった」

 確かにヒイロは徐々に変わりつつあるな〜とわかるシーンです。

 連合の和平派が乗ったシャトルをヒイロが撃墜するシーンが物悲しいです。

「早まるな。……若者よ」

 大きな壁となって立ちふさがるトレーズ。ますます物語が面白くなってきます。

posted by 瀬無 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふふふ、スーパーヒロイン・リリーナ様に
トキメキを感じていらっしゃるようですね。

五飛だけはOZの罠に勘付いていたようですが・・・
ほらあのコ、協調性なさそうだから・・・(汗

私は「W」には宇宙世紀のオマージュ以上の
モノを感じたのですが、
はてさて瀬無さんはどうでしょうか?

賛否両論、どちらにせよ楽しみにしてますよー(喜。
Posted by ヨーコ at 2007年02月27日 21:32
ヨーコさん、お晩です〜。

リリーナさまにトキメキを感じつつも、ノインの健気さに憧れを感じてもいる瀬無です。
 五飛は〜(笑) 5人の中でもイメージ的に余り組という感じが(えー

 Wの評価に関しては、かなり面白いな〜と思ってます。
 UCとは違う、アフターコロニーという世界をうまく作りだしていると思います。
 ハッとさせてくれる名台詞もところどころにありますし……先入観を持たずに早く見ておけばよかったな〜と思いましたっ。
Posted by 瀬無(レディ……君はもう少しOZを学んでくれたまえ) at 2007年02月27日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34761220

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。