2007年01月30日

機動戦士ガンダム0083「強襲、阻止限界点」

 「往け! ワシの屍を乗り越えてっ!!」

 ソロモンから追いかけてきた連邦艦隊を、月で振り切ったデラーズフリート。

 もはやコロニーの落着を防げるものはいないかに見えた。

 しかし、ついにコウが駆る3号機、そしてアルビオンが追いつく。

 阻止限界点を巡る激戦がはじまる……

 いやー、ガンダムっていいです!! まさにそう思わせてくれる、激闘&陰謀盛りだくさんの内容に大満足です!!

 ガンダム強奪から始まっていろいろ伏線をひいていた展開ではありますが、どんどん伏線が明らかになっていく様子は本当に劇的。次々とイベントが発生していくさまは、様々な思惑をみせてくれて短いながら物語に深みを与えていると思います。

 阻止限界点というリミットを視聴者に見せたあとでの、劇中人物のそれぞれの気持ちの描写が一瞬一瞬にうまくでていて、攻防戦とはこれだといわんばかりに見せてくれます。

 とくに「……あと50秒」(あのオペレータの軍曹さんも印象に残る人です)から始まるそれぞれのカウントダウンには劇中にのめりこんでしまうほど、感情移入してしまいます。

 デラーズフリートにやられっぱなしな連邦軍ですが、アルビオンが単艦で頑張るさまが熱いです。

 次回はいよいよ「星の屑作戦」の最終章。ジーク・ジオンっ!!!

posted by 瀬無 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32452431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。