2006年07月31日

早起きは三文の得(スペシャルエディション�K感想)

「ふーん、あなたがステラね」

ううっ、この女コワイ。シンは? ネオは?」

「大丈夫! ステラもインパルスもミネルバもプラントも、みんな俺が守るから!!

「うんうん……って実際は……まあ頑張ることね」

「うふふ、あなたも頑張ってくださいね(私なんて、出番がなくてもエンディングでキララクの向こうはってるんだから)

「戦わなきゃ! 現実と♪」

「「…………(耳が痛い)」」 ←悩んでいた人&泣いていた人

「……でなけりゃ、死ぬぞ(よ)」」

「お前らが言うかっ!!」 ←出番がない人


 スペシャルエディション、仮眠していたせいで2時過ぎから見ていました。

 ステラを助けるシーンでルナマリアさんがでてくるとは……シンをめぐるヒロイン同士をかみ合わせてきましたね〜。

 最後のシンルナへの準備なのでしょうが、やはり本編でやってほしかっただけで、後付でやられてもな〜と思ってしまいます。

 こういう総集編での描きなおしは、絵の録り直しなどのパワーアップはやって欲しいと思いますが……つじつまあわせの場にはして欲しくないです。

 キラのフリーダムが相変わらずの強烈な存在感で……やっぱりスゴイ&カッコイイです。セイバーを切り刻んだ後の黒い表情がグー(えー

 同じコックピットを狙わない戦法でも、フリーダムは凄みがあるというか容赦しないのが面白いです。

●気持ちだけのカガリ、やるときはやる歌姫

 ここらへんのカガリは、苦手だったのを思い出します。自分の意見としてはまったくシンやアスランに同意だったのもありますが。

 ヒロインとしては気持ちだけであっても全く評価に影響しないのですが……国の指導者が気持ちだけって、それは恨まれてもしょうがないな……と思ってしまいます。

 軍を引かせようとでてくるところは……もはや評価しがたいです。オーブ軍人の描写に力が入っていただけに…… なんで早くオーブにいかないんだーーと考えてしまいます(大人の都合です)

●ラクス様出発

 後々の行動を考えると……ラクス、怖い子! とステラばりの白目で驚いてしまいます(大げさ)

 キラの前では、ラクスも1人の女の子なのかもしれませんね……ってそんなことを考えていた時期もあったさ(若さ故の過ち?)

 やっぱり議長と彼女が物語をすすめているので、目が外せないキャラです。

●emotionろーえんぐりん

 うわっ「emotion」だ♪ と喜ぶものの……アスランがシンたちと頑張ってた数少ないシーンがカット。

 まあ敵が大物じゃないからでしょうが、残念です。

●気のせいか

 シンの笑顔が増えたような? 気づかなかっただけかもしれませんが……。

●音楽&ED

 やっぱりカッコイイです。EDの入り方とかの演出は、本編でもそうでしたが本当に良く考えられていて、うまいなーと思います。

posted by 瀬無 at 04:31| Comment(4) | TrackBack(4) | SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
瀬無さん、こんにちは。
見るだけ見て、速攻帰還したたいむです。

>●気持ちだけのカガリ、やるときはやる歌姫
イタタタタ。
今の段階ではそのとおりで愚の音もでません。
馬場一尉のアツイ想いが毎度胸に突き刺さります。
カガリと共に反省する私(何で?)

>辻褄あわせ
やはりその傾向はぬぐいきれません。
決定的な最初の議長は見れました?
長い新規カットは今回は議長のためw(監督が議長に語らせるのが好きなんですよねぇ)
早くも黒議長を確定させましたねぇ。

やはり2度ぶたれてましたが、シンの笑顔は増えたように私も感じました。
ひとつ新規でステラに対して、前回の指輪貰ったカガリのような笑顔があったのには目がテンでしたが。。

人様のコメントにこんなに書いてしまって・・・
自分の記事上げろよっ・・(汗)
だたいま、下書き中です。


Posted by たいむ(戦争はヒーローごっこじゃないっ!) at 2006年07月31日 15:27
 たいむさん、お疲れ様です。
 最終日までしっかり満喫なさっていたようで、早朝に記事がアップされているのを発見したときは……あっ仲間だと嬉しくなります(笑)

 うわっ、黒議長はやくも確定ですか……。
 見始めた頃は、ひょっとして黒か白かわかんないのが、興味深く面白かったのですがー。
 最初の議長を見逃してしまったのが残念です。

>カガリ
無力をかみしめるヒロイン……とはいえ、国の指導者(しかも前作からのキャラ)ということで、どうしても厳しい目で見てしまいます。
 馬場さんは熱さ増量中で、いいキャラしてましたね〜。トダカと共に身をもって示している姿が印象に残ります。

 やっぱりシンの笑顔も増量されていたんですね〜。
 ステラに微笑むシンは……本編だとぼーっとしていたり、トゲトゲしていたり、泣いていたり……あまりプラスな表情を見せていなかったので、驚きでした。
Posted by 瀬無(やる時はほんと派手にやってくれる奴だな、君は) at 2006年07月31日 22:16
 こんばんは〜。

 最後まで見るとまた印象が違うのでしょうか……。
 
 そんな総集編ですが、たしかにつじつま合わせの場所になってるような気がします(制作側は補間と思っているのかもしれませんが……)
 新カットはほとんど補填のような気がしました。
 前回同様という感じでしたが、やはり新カットであるからには、エクステンションであって欲しかったです。


 今回の総集編だと、アスXルナのカップルを強調するシーンは限りなく抑えられていた感じがしました。
 
 結局、アスランはメイリンのどこが良くて一緒にいるのか今回も謎だったということでよいのでしょうか。まあ、メイリンの良さは見ればわかりますが(おいっ)

でわでわ
Posted by 都築 あきら at 2006年08月04日 22:00
都築さん、お晩です〜。

補完といえたらいいのですが……改変にちかい感じがします。
 そういえばアスラン視点……みたいなコンセプトもあったような、なかったような?
 自分は総集編として、記憶をたどってました(笑)

 アスランの相手はかぎりなく薄まっていくような気がします(笑)
 なんとなくですが、アスランはフリーにしておいて後々に活用しそうなイメージが(えー
 アスランとメイリンといえば、グフにのるときと、AAから降ろそうとするとき、ラクスを守る銃撃戦の後と、いずれの会話もメイリンが追いかけているイメージが強いです。
 カガリに対するのとはやっぱり違うのは……後発ヒロイン(サブキャラ)の宿命かもしれません。

 かといって、ファイナルプラスであった挨拶を兼ねての(?)抱きしめるシーンは、アスカガ派対策みたいな思考が露骨に感じられて、ちょっと嫌でしたが〜。
Posted by 瀬無(もう絶対に繰り返してはいけないんだ) at 2006年08月05日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」〜それぞれの剣〜
Excerpt: 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション2 〜それぞれの剣〜 なかなか情報が出てこない「劇場版」やら、あからさまなプラモ販促「STARGAZER」やらのせいで、「種デス」熱も..
Weblog: salty blog
Tracked: 2006-08-03 00:40

スペシャルエディション2感想
Excerpt: 録画したものを途中まで見て、出社時間になってしまい。後半は見ていませんが一応感想。 一カ所、議長の口が 「~~~~」みたいにうにゃうにゃしていたのは、見なかったことにして……(えっ) 新カッ..
Weblog: Carmine3
Tracked: 2006-08-04 21:26

SEED DESTINYスペシャルエディション2
Excerpt: 機動戦士ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディション2 〜それぞれの剣〜 アスラン視点(と言われる)スペシャルエディションの第2弾です。第1弾のラストは、SEEDに覚醒したシンの暴走。再び戦..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2006-08-05 12:10

機動戦士ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディション2 〜それぞれの剣(つるぎ)〜前編を視聴。
Excerpt: ステラが海に落ちた後、シンがミネルバに救助を求め、迎えが来ますけど。 ……アスラン、でしたよね? ルナマリア様1人になってましたけど。 発言者:
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-08-05 17:37

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。