2006年05月10日

マイオトメ2巻

 国賓として招かれた、アルタイの皇子ナギ。その彼をマシロは殴ってしまう。

 周囲をはじめニナも彼を責めたことに、やるせない気持ちをかかえたマシロは王宮から逃げ出します。

 しかし滞在中のナギを狙って、シュバルツがアルタイ大使館を襲撃。ヴィント市は火につつまれます。逃げ惑う市民の中でマシロは……。

(以下ネタばれ)

 男であることがニナにばれた! マシロのチョッキンの刑は確定です!?(えー)

 ハルカがまたも、マシロ君の意志を後押しする言葉を言っています。相変わらず熱いキャラでお気に入りです。オロオロしながらも冷静にツッコミをいれるユキノも健在です。

 ちなみにハルカ自身はまったく意識して言っていないのがいいところです。

 ニナのローブ展開と戦闘の描写は、少年漫画らしい熱い展開で、お気に入りです。

 実際に戦うのはアリカやニナなのですが、一緒に戦っているうちに、彼女達の姿をみて成長していくマシロの描写も印象的でした。

 

●エルスと対決

 「Call me Qeen!!」って、妄想豊か過ぎです! アニメでもそっち方面担当というイメージがありましたが、マンガ版でも活躍してます。(アニメでの最後の手紙にはグッときましたが)

 男嫌い(生理的にダメ)っぽいので、マシロが男とばれたらどうするのか気になるところです。

●パーフェクトメイド・ミユ

 もちろんアリッサと登場です。この2人は相変わらずの、お嬢様と完璧メイドっぷりです。

 やっぱり彼女は強い!



posted by 瀬無 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。