2006年05月07日

ニーハオっ!

「???錦」(ユリ科ハオルチア属)

 クギダ? リギダ? 名札の字が不鮮明だったので名前が不明のハオです。

 多肉の中でも、メセン・リトープス・コノフィツム、ハオルチアの仲間たちは、また別格のような気がします。

 ハオルチアは、熱帯魚でいうところのグッピーのような多肉です。

 時には人工的な交配を重ねられながら、様々な種類が出回っています。

 この多肉は、「京の華」の姉妹分っぽい感じです。(祝宴錦にも似ています)

 ハオルチアは冬型種で、原産地では岩陰などに生息しているので、光は若干弱めが好みっぽいです。

 光が透ける感じの緑と、白い斑とのコントラストが綺麗な多肉だと思います。

posted by 瀬無 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17503872

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。