2006年05月06日

都立の植物公園で多肉狩り

 都立神代植物公園<サボテン・多肉植物展>(本日まで)に行ってきました。

 銘月や朧月ブロンズ姫など、ご近所でみられる多肉から、大型のオツブーサなどの珍しいものまで、多肉が展示されていました。

 GWということもあって、園内にはお客さんが多かったですが、じっくり見てきました。

 見慣れた種でも、のびのびと育っている姿が印象的です。例えていうならば、いつもポニーテイルの彼女が、髪を解いた姿というか、眼鏡っ子が眼鏡を外した姿というか……脱線失礼(笑)

 

 園内はバラ展やつつじが咲き乱れていますが……もうひとつの目玉は、多肉のエライ方達による即売会。

 NHKから多肉本を出しちゃうような人が、売り場に立っていたりするのでビックリします。

 例えるならば、彼らはファースト世代(笑)。ケープタウンまで多肉狩りに行ってしまうような人々です。話しかけると写真の撮り方から、多肉の種類・育て方、 あと値引きまで……いろいろ実になる話をしてくれます。

 苗の値段も300円〜と、財布にもやさしい感じです。園芸店で買うと800円とか1000円以上してしまうので、安く感じて財布の紐も緩みがち(えー)。

 ホームセンターでは見られない品揃えに、多肉の懐の深さを感じます。

 ……ちなみに、もう多肉は増やさないと決めていますが……6月4日には都内で「サボテン・ビックバザール」という、サボ多肉ファンにとっては年に一回のお祭があるそうです。

posted by 瀬無 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。