2008年06月01日

ついに音也が現代へ(キバ短感)

 渡パートよりも、音也&ゆり&次狼がいる過去パートが面白く感じます。(えー

 チェックメイトフォーは何気に引きますね〜。現代にて決着がつくのは確定でしたが、もしかして音也が決着をつけるということでしょうか?(まあ音也に限ってそんなに真面目とは思えませんが)

 ……それにしても名護さん。どんどん落ちていきますね(笑)

posted by 瀬無 at 14:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コードギアス反逆のルルーシュ Lost Colors 感想(PS2版のみ)

白い悪魔?

 ロストカラーズ、感想のまとめ編です。

 ……まだ感想が続くのか……なんていうツッコミは愚問です(えー

 ADVというゲーム形式ゆえの、ボタンを押すだけが苦手な人にはあまりオススメできませんし、ストーリー自体は、1期アニメをなぞる形で、コアなファンの方には不満があると思います。

 でも、2期が始まって放送を見始めたとか、2期が始まって面白いので1期を猛ダッシュで見終えた人とかにオススメしたいゲームです。

 ●各キャラクターについて

   カレンの優遇っぷりが目立ちます。……同じヒロインでもC.C.とは随分扱いが違います。

   PS2版だと四聖剣とのイベントが少ないのが残念です。神楽耶も控えめな出番ですし。

   意外なほど健闘していたのはナナリーでしょうか? 咲世子さんも何気に目立ってましたし。

   ……壊れた咲世子さんには大笑いでしたけど。

   井上さんも頑張っていたと思います。ぐるぐるぐるーん(謎)

 ●エンディングについて

   たくさんエンディングがあるにもかかわらず、全面的なハッピーエンドが少ないは若干気になりました。

 ●OPタイトルコールについて

  面白いです。ロードしてしばらく放置すると、ルルーシュ&スザク、ユフィ&スザクなどいくつかのキャラで掛け合いを始めるのですが……ちょっとしたオマケ要素ながら楽しめます。

☆まとめ

 個人的には面白かったし、何よりもコードギアスの世界観にいつの間にか入れるような作りになっていたのが好感がもてます。

 画もとても綺麗でしたし、本編の雰囲気を再現していたと思います。

 主人公の言動にも違和感がなく、感情移入しやすかったです。

 

 但し、ラインハルトの防御陣に挑むヤン・ウェンリーの気分で繰り返しプレイしましょう(銀英伝ネタ失礼)

posted by 瀬無 at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。